2018.12.26 水曜日
お問い合わせ
日本語
top_app.pngApp

バイナンスの慈善団体がマルタでチャリティプログラムを設立

Dbit2018/12/26 12:55 午後
シェア:twitter

charity-pc.jpeg


世界最大級の仮想通貨取引所のバイナンスが持つ慈善団体である「Binance Charity Foundation」が、マルタの末期患者および恵まれない子供たちを支援するための募金チャンネルを立ち上げたことが分かりました。


資金は、マルタの全国のチャリティーやマルタコミュニティチェスト基金財団の支援を受けて集められ、15,000の家族や個人の生活を向上させるための物的、資金、そして専門的な支援を提供するのに利用されます。


このチャンネルはL-IstrinaCampaignと名付けられており、Binance Charity Foundationへの寄付はすでに受け付けてられています。特徴的な点は、すべての寄付がブロックチェーン技術に基づいて追跡されることを保証していることです。


バイナンス本体やTRON(ブロックチェーンベースのオペレーティングシステム)も、仮想通貨10万ドル相当を慈善団体に寄付することを約束しています。バイナンスは、「困っている人々に貢献するために私たちの役割を果たしているだけです。慈善事業は、できれば誰もが手助けすべき分野の1つです」と語っており、その意義を強調しています。


さらに、「ブロックチェーン技術によって、私たちは慈善事業における透明性の問題を解決することができます。これにより、人々が関われる慈善団体の数を増やすことができます。社会的利益のために暗号を使用することを、この分野のより多くの人々に奨励したいと思います」とブロックチェーン技術が慈善事業の分野にも利用できると主張しています。


TRONも同様にブロックチェーンがもたらす社会的利益について語っており、今後ともブロックチェーンのさまざまな社会的な価値を引き出していくとしています。ブロックチェーンはビジネスのみならず、多くの領域でインパクトを与えつつあります。

コメントを表示する